プロミスはフリーランスでもお金を借りることができます。ただし、収入の安定性がポイントです。

Question

プロミスはフリーランスでもお金を借りることができるの?

私はフリーランスのITプログラマーです。現在資金繰りが厳しいので銀行から融資を受けようと思ったんですが、銀行の審査が厳しくて申込をしても審査に通らない状況が続いています。

 

ネットには、プロミスの方が審査に通りやすいとあるんですが、フリーランスの個人事業主であっても、プロミスのような消費者金融でお金って借りられますか?

 

また、50万円以下なら収入証明書が要らないって本当ですか?初めての借入で知識がないので教えてほしいです。

 

Answer

プロミスはフリーランスの人への貸し出しが可能。ただし、収入が安定しているかが重要になる。

 

個人事業主として仕事をしているフリーランスは、お金を借りるという面において不利だと言われています。しかし、フリーランスという理由のみで門前払いになるようなことはプロミスではありません。

 

フリーランス審査申込

 

プロミスのフリーキャッシングは個人事業主の申込も、生活費や事業費に限りOKとしています。申込自体は会社員やアルバイト同様に、自営業のフリーランスでも問題は全くありません。ただし、実際にお金を借りることができるかどうかは審査にかかっています。

 

この審査に通る・通らないのカギを握るのが「収入が安定しているかどうか」ということになります。毎月固定給をもらっている会社員の人は、月々の収入が一定して入る一方で、自営業の場合は毎月の売り上げが一定とは限りません。

 

フリーランスで審査に受からなかった方は、安定した収入を得ているとは認められなかった方が多いのです。月々、金額の差があるにせよ一定水準以上の月収を売り上げているのならば、プロミスのフリーキャッシングに申込んでも問題はないでしょう。

 

 

プロミスのキャッシング申込はコチラ

 

借入希望額は収入に見合った金額にするべき

 

プロミスのフリーキャッシングは貸金業法の総量規制の対象で、年収の3分の1以内の借入に限定されます。年収が360万円なら120万円までのお金なら借りられます。

 

少なくとも、プロミスのフリーキャッシングを申込むならば、年収の1/3までというライン以内に希望額を抑えることが必須です。そして、法的に問題がなくても希望額は総量規制よりも低い方が、なおいいでしょう。

 

サラリーマンのように毎月一定の金額が入る保証がない以上、お金を貸し出すプロミスにも返済をしてもらえないかもしれないというリスクがあるので、必要最低限の金額で申込をするのがベストと言えます。

 

プロミスのフリーキャッシングはカードローンですから、スタートは少額の限度額でも返済状況が良好なら、後に限度額を上げることも十分可能ですし、何より繰り返し追加で利用ができます。

 

収入証明書は原則不要。しかし、フリーランスの場合は提出が必要な場合もある

 

フリーランス審査申込

 

プロミスは次のいずれかに該当する場合は、収入証明書の提出が必須です。

 

  • プロミスの借入金額が50万円以上の場合
  • 他社の借入がある人で、プロミスの借入金額を含めて総額100万円を超える場合

 

どちらにも該当しなければ収入は自己申告でOKですから、収入証明書の提出は原則不要になります。

 

しかし、個人事業主の場合は、サラリーマンに比べて月収が安定しているかが分からないため、希望限度額が50万円以下であっても収入証明書を求められることがあります。

 

  • 源泉徴収票(最新年度)
  • 給与明細(直近2ヶ月分)
  • 確定申告書(最新年度)
  • 税額通知書(最新年度)

 

なお、プロミスに年収を伝えるときは、確定申告書の収支に従った金額を伝えた方がいいでしょう。

 

万が一書類提出の際、金額があまりにも不一致の場合は、印象が悪く信用を下げてしまう恐れがあります。適当な金額を伝えるのではなく、確定申告書に一度目を通してから伝えるようにしましょう。

 

フリーランスの人が消費者金融を利用するきっかけ

 

日本貸金業協会の2018年9月の資金需要者の動向調査によれば、事業者(約86%が個人事業主)がプロミスのような消費者金融へ申込をしたきっかけは、以下で7割を超えています。

 

  • 不況で売り上げが下がる
  • 収入が一時的に途絶える

 

参考:資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告の公表について
https://www.j-fsa.or.jp/doc/news/h30/180928.pdf

 

事業を続けていくうえで、会社に入るお金が減ったことが、消費者金融を利用する主な理由であることが分かります。

 

多くのカードローンは事業性資金の利用を認めていません。例えば、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJバンクイック、楽天銀行のカードローンでは、資金使途が「自由(事業性資金を除く)」となっています。

 

しかし、プロミスのフリーキャッシングは、フリーランスの人でも生活費や事業費として使うことができます。プロミスは個人事業主の人にとって十分に利用価値のある借入サービスといえます。

 

まずは「借入シミュレーション」をしてみよう

 

プロミスの公式サイトには「お借入れシミュレーション」があります。生年月日、年収、他社の借入金額の3項目を入力すると、プロミスがお金を貸せるかどうかを診断してくれます。

 

「ご融資可能と思われます。」と表示されれば、審査のスタートラインに十分たてるでしょう。

 

ただし、このサービスは診断であって審査ではありません。プロミスの借入を保証するものではないですが、それでも審査の中で必要な3項目において最低ラインをクリアしているというのは心強く安心できます。

 

プロミスの公式サイトで借入シミュレーションをしてから申込に進みましょう。

 

プロミスのお借入シミュレーションの利用法はコチラ

 



たった3項目の入力で借りられるかを即判断!

そして、審査の回答はたったの最短30分!!

アルバイト・主婦でもOK!!※安定収入がある方

ネット・コンビニATMからでもお金を引き出せる

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


公式サイトへ

プロミスはフリーランスでもお金を借りることができるの?関連ページ

正社員でなくても借りられる?
自営業で利用するポイント
プロミスは24時間営業?
プロミスの店舗窓口は何ができる?
プロミスはOLでも審査に通る?
プロミスの在籍確認は時間指定できる
学生でもプロミスからお金を借りれる?
派遣社員の在籍確認
契約社員のキャッシング審査
プロミスの外国人利用はできる?
プロミスの無利息ってお得なの?
フリーターでも借りられるプロミス
借入れは勤務先にバレたくない
借入れを家族にバレたくない
プロミスは経営者でも借りれるか
公務員でもプロミスは利用できるか
主婦でも借りる方法
水商売の仕事でも借りられる?
年金受給者でも借りられる?
他社からも借りていても大丈夫?
プロミスの契約に必要な書類について
土曜日曜や祝日の申し込み
女性でも安心して利用できる?
無職・失業中のプロミス申込
母子家庭でも融資は受けられるのか
連帯保証人は必要?
プロミスにおける貸出の年齢制限
プロミスの在籍確認のタイミング
プロミスの在籍確認の内容
プロミスの在籍確認の電話はなしにできる?
自営業の場合の在籍確認
プロミスはバイト先に在籍確認の電話をかけるの?借入はバレてしまうの?
プロミスの在籍確認は土日も行う?