プロミスから借りる時には、収入証明書は必要?

プロミスに限らず消費者金融からの融資は、担保や連帯保証人がいらないというのが基本であり、比較的簡単な手続きでお金を借りることができるのが消費者金融を利用するメリットです。

 

しかし借入の希望金額や、自身の収入状態によっては収入の証明をする必要があることをご存じでしょうか?

 

今回はプロミスでのキャッシングの際に準備しておきたい収入証明の書類について詳しい詳細を解説していきます。

 

プロミスが指定している収入証明書類

 

プロミスの申込に収入証明書の提出が必須ということではありませんが、希望額が大きかったりすると、収入証明書を求められたりします。

 

プロミスが求める書類には次のようなものがあります。ちなみに全てを用意する必要はありません。

 

プロミスの収入証明書

 

提出は1点で原則OKなので手元に準備しやすい書類で構わないでしょう。

 

収入証明書類

備考

源泉徴収票(最新のもの)

・提出日が、1月1日から2月末日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
・提出日が、3月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

確定申告書(最新のもの)

証明年度が前年分のもの※1

税額通知書・所得(課税)証明書

・所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載があるもの
・提出日が、1月1日から6月30日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
・提出日が、7月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

給与明細書※2

・直近1年間に賞与がない場合:直近2ヶ月分
・直近1年間に賞与がある場合:直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書

※1. 提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものも受付可能
※2. 現在の勤め先での収入について記載のものを準備

 

プロミスで収入証明書が必要になるのはどんな時?

 

準備すべき書類が具体的に分かりましたが、書類が必要になるケースってどんな時なのか気になりますよね。

 

収入証明書提出のタイミング

 

プロミスが収入状況を確認するタイミングは主に4つあります。

 

申込時に確認することもあるので、ぜひ事前にチェックしておきましょう。

 

プロミスでの希望借入額が50万円を超えている

 

50万円を超える場合は、収入証明書の確認が必須となります。一方、借入希望額が50万円以下の場合は、収入証明の書類は不要となります。

 

もし、収入証明書の提出をせずにプロミスから融資を受けたい人は、50万円以下の希望額で申込をするといいでしょう。

 

プロミスと他社の借入総額合計が100万円を超えている

 

プロミス以外のところからお金を借りている人は、注意が必要です。プロミスから借りたい金額を含めた借入残高の総額が100万円を超えてしまう場合に、収入証明書が必要になります。

 

なお、総額を考えるときには、含めるもの・含めなくてよいものがあります。

 

他社の借入として含めるもの

他社の借入に含めなくてよいもの

消費者金融の借入残高

銀行、信用組合、信用金庫、労働金庫などのローンサービス

クレジットカードのキャッシングの残高

クレジットカードのショッピングのリボ残高

 

簡単にいうと、消費者金融とクレジットカード会社以外は、借入総額に含めなくてOKで、クレジットカードはキャッシング機能で現金を引き出した場合のみ含めるということです。

 

例えば、次のような4社からの借入を考えてみましょう。

 

  • 消費者金融A:10万
  • 消費者金融B:20万
  • 銀行C:30万
  • クレジットカードのキャッシング:40万
  • クレジットカードのショッピング:15万

 

このような状況でプロミスからお金を借りる場合、他社の借入総額は銀行Cとショッピング分を除いた3社の合計70万になります。

 

ですから、プロミスで30万円を超える金額を希望する場合は、収入証明書が必要になるということです。他社を利用中の人は、現在の自分の借入状況を一度確認する必要がありますよ。

 

おまとめローンを利用する場合

 

プロミスは複数のカードローンを1本に借り換える「おまとめローン」を提供しています。

 

このおまとめローンの審査では、必ず収入証明書が必要になります。

 

おまとめローンの申込を考えている人は、事前に最新の源泉徴収票や給与明細を準備しておきましょう。

 

プロミスを利用して3年以上経過した場合

 

これまでの3つのケースは、どれも申込後の審査で必要になるものでした。しかし、プロミスの利用が3年以上経過すると、収入の確認が行われます。

 

返済能力が申込時と同じ人もいれば、転職などで現状が変わった人もいるかもしれません。3年も経てば収入状況が変わっている可能性があるので、返済能力や信用調査の一貫でチェックをするのです。

 

提出必須の書類に関しての疑問はコチラ

 

プロミスでの収入証明書の提出方法

 

それでは、実際に収入証明書を提出するとなったら、どのような方法があるのでしょうか?

 

収入証明書類の提出方法

 

やり方は全部で5パターンほどあるので、それぞれの方法のメリットやデメリットを踏まえた上でわかりやすく紹介していきます。

 

スマホアプリ

 

申込が完了して審査が順調に進むと「書類提出のお願い」というメールが申込者宛に届きます。

 

プロミスの公式スマホアプリがインストールされているスマホユーザーが、メール文面内のURLをクリックするとアプリが起動し、アプリの操作に従って書類が提出できる仕組みになっています。

 

アプリで書類の写真を撮り、そのまま提出ができるようになっているので、最も簡単な提出方法です。但し注意すべき点として画像がぼやけたり、現住所が確認できないなどあると再提出を求められる可能性があるので、キレイで全ての情報が確認できるように写真をとりましょう。

 

メール

 

プロミスの公式スマホアプリは、スマートフォンの利用者限定のやり方になります。しかし、アプリをインストールしていない人やパソコンで手続きをする人にも、書類提出の方法が用意されているので安心してください。

 

「書類提出のお願い」のメール文面内のURLをクリックすると、書類提出用のサイトにアクセスします。

 

そのままサイトの指示に従って、書類の写真ファイルをアップロードすることができます。また、送信先メールアドレスというのが記載されているので、そのメールアドレスに写メを添付して送信提出することも可能です。

 

アプリと違って、こちらの場合は、自分で写真を撮って画像をパソコンかスマートフォンに保存しておかないと提出できません。

 

スマートフォンユーザーの人は、プロミスのスマホアプリをインストールして対処する方が簡単でしょう。

 

郵送

 

プロミスは、申込書類を自宅に取り寄せて郵送で申込むことが可能です。郵送で申込をする場合は、申込書と共に本人確認、収入証明書類のコピーをとって同封することになります。

 

この郵送を選んだ場合、審査が完了するまで多少時間がかかりますのでもしお急ぎで借入したい場合は、不向きになります。

 

自動契約機

 

自動契約機で申込をする場合は、書類を持参しないとなりません。ATMのようなタッチパネル操作で申込をしていきます。

 

書類提出時は、自動契約機に備え付けのスキャナで読み込んで完了します。くれぐれも書類の置き忘れには気を付けてください。

 

受付時間

9:00〜22:00※

※一部店舗では営業時間が異なります

 

FAX

 

FAXを使った提出方法も用意されています。パソコンやスマートフォンの操作に不慣れな人で自宅にFAXがあるならば、利用する価値は十分にあるでしょう。

 

FAXで書類を送る場合、プロミスのFAX番号が必要になりますが、申込者によって番号が違います。ですから、FAXを利用するときにはプロミスへ電話をかけて番号を聞く必要があります。

 

受付時間

9:00〜22:00

プロミスコール

0120-24-0365

レディースコール

0120-86-2634

 

プロミス利用時の注意点、収入証明書類を求められたら必ず提出

 

主にプロミスを利用してからになりますが、プロミスは利用者の返済状況や信用情報を定期的に確認していく与信調査というものを行います。

 

この与信調査のタイミングで、書類を確認する必要がある場合には、プロミスの方から書類提出を依頼されることもあるのです。

 

当然、3年以上利用していれば確認することになっていますが、借入の状況によっては3年以内であっても起こりえます。

 

プロミスに収入証明書を提出するよう求められたら、速やかに提出をしましょう。これを提出せずに無視をし続けたりすると、新たにお金を借りることができなくなるなど利用に差し支えが生じます。

 

プロミスは利用者を「信用」してお金を貸すわけですから、信用を損ねないためにも、提出を求められたら速やかに応じるようにしてください。

 

まとめ

 

プロミスの収入証明書が必要になるケースや提出の方法を紹介していきました。

 

プロミスの申込は、基本的に収入証明書は不要。ただし、例外的に提出が求められるケースがあるのです。
最後にまとめます。

 

  • プロミスから50万円超えの金額を借りる場合
  • 他社を利用中の人は、他社にプロミスの希望額含めて100万円超える場合
  • プロミスの利用が3年以上経った場合
  • 与信調査でプロミスが確認をする必要があると判断した場合

 

サラリーマンの人は源泉徴収票や給与明細が準備しやすいでしょうし、自営業の人は納税通知書や確定申告書で十分でしょう。

 

求められたときに書類がどこにあるか分からなくなると提出ができませんから、収入証明書はきちんと管理しておきましょう。

 



たった3項目の入力で借りられるかを即判断!

そして、審査の回答はたったの最短30分!!

アルバイト・主婦でもOK!!※安定収入がある方

ネット・コンビニATMからでもお金を引き出せる

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


公式サイトへ