プロミスのコンビニATMを利用した入出金

今や消費者金融はコンビニATMから借入や返済ができるようになっています。大手消費者金融の1つとして有名なプロミスもコンビニATMに対応。

 

ただコンビニATMと言ってもまだ利用したことのない人の立場からすれば

 

「プロミスはどこのコンビニで利用できるの?」
「コンビニで借入や返済をする流れを知りたい」

 

といった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで当記事はコンビニATMを使った借入や返済の方法、対応しているコンビニなどを紹介していきます。

 

この記事を読めば、手軽に最寄りのコンビニATMでプロミスを利用できるようになるでしょう。プロミスを利用している方や、コンビニを利用する機会が多い方はぜひ参考にしてください。

 

プロミスはコンビニATMを使って借入や返済が可能

 

プロミスは主要コンビニ各社のATMと提携しているため、基本的にどのコンビニでも借入や返済が可能です。

 

プロミスのコンビニATM

 

「近くにプロミスATMがない」
「買物のついでに借入や返済をしたい!」

 

といった人にとって本当に便利ですよね。

 

コンビニで借入できるようになるまでの流れ

 

キャッシング未経験の方からすれば勘違いしてしまうかもしれませんが、コンビニに行けばすぐにプロミスから借り入れできるわけではありません。

 

まずは審査申込を行い、カードを発行する必要があります。プロミスカードさえ発行して手元にあれば、あとはいつでもコンビニATMから借入・返済ができるようになるので、まずはカードを手に入れることを優先しましょう。

 

では、そのカードを手にしてお金を借りるためのプロミス申込〜借入までの流れを紹介していきましょう。

 

借入するまでの手順は次の順になります。なお、今回は主流の申込方法である「WEB申込」を例にとって紹介します。

 

  1. プロミスの公式サイトから必要事項を入力して審査申込
  2. 必要書類の提出
  3. 審査の開始(本人確認のち在籍確認)
  4. 審査結果の通知
  5. 自動契約機に出向きカード発行
  6. ATMで借入

 

WEB申込ならパソコンやスマホからパパッと申し込めますし、すぐにカードが必要なら自動契約機に出向いてカードを発行してもらえばOK。

 

審査結果が出るまでの間に、自動契約機まで移動すれば時間のロスがほぼなく、スムーズなカード発行を実現できます。

 

プロミスカードを発行したらあとはATMに挿入するだけなのでプロミスのキャッシング対応しているコンビニでも利用可能になります。

 

 

プロミスへの申込みはコチラ

 

プロミスカードが使えるATMはコンビニのみ?

 

プロミスカードがあればコンビニATMが利用できるようになりますが、コンビニの他にも利用できるATMがあります。
具体的には次の3点です。

 

  • プロミス自社ATM
  • プロミス提携銀行ATM
  • 銀行ATM

 

プロミスの自社ATMと三井住友銀行ATMならば利用手数料がかかりません。ただし、コンビニATMおよび三井住友銀行以外の銀行ATMは利用手数料が発生するので注意してください。

 

なかには「消費者金融の店舗やATMに入るのに抵抗がある」という方もいらっしゃるでしょう。周囲の人たちに見られ、バレるのが嫌な気持ちはよく分かります。

 

コンビニATMなら周囲の人たちがプロミスを利用していることに気づくことがないため、優先するのがおすすめです。

 

プロミスの利用ができるコンビニ

 

ここからはプロミスのキャッシング利用が可能なコンビニを紹介していきます。

 

注目ポイントは次の3つ。

 

  • 提携コンビニ一覧
  • 利用手数料
  • マルチメディア端末

 

それでは各ポイントの詳細をみていきましょう。

 

プロミスの提携コンビニ一覧

 

コンビニATMはメンテナンス時間を除いて、ほぼ24時間いつでも利用できるのが大きな強みの1つとなっています。

 

プロミスの提携コンビニ

 

プロミスの主な提携コンビニおよび利用時間を表にまとめると次のとおりです。

 

コンビニ

ATM

利用不可な時間帯

セブンイレブン

セブン銀行

毎月第3日曜日の翌日(月)0:30〜5:30

ローソン

ローソンATM

不定期

ファミリーマート

イーネット

毎日23:55〜0:05

サークルKサンクス

イーネット

毎日23:55〜0:05

ミニストップ

イーネット

毎日23:55〜0:05

ニューデイズ

イーネット

毎日23:55〜0:05

※毎週月曜1:00〜7:00はすべてのATMでプロミスの利用不可

 

上記表以外にも、地方コンビニでATMを設置している店舗でも利用できます。最寄りのコンビニにATMが設置されているかをチェックしてみてくださいね。

 

提携ATMの利用には手数料がかかる

 

提携ATMを利用すると、利用手数料が発生してしまう点に注意してください。

 

借入時、返済時の両方で必要です。

 

取引額によって利用手数料が異なり、表にまとめると次のとおりとなります。

 

取引額

借入

返済

1万円以下

108円

108円

1万円超

216円

216円

 

数回程度の利用ならさほど気にならない金額でしょうが、これを何度も繰り返すと、コストが積み重なってしまいます。

 

特に長期的に利用する予定のある方は注意しましょう。その場合は、利用手数料がかからないプロミスの自社ATM、または三井住友銀行ATMをメインに活用していくことも推奨します。

 

マルチメディア端末なら返済時の手数料がかからない

 

コンビニに設置されている「マルチメディア端末」から返済手続きを行うことができます。対応しているメディア端末および設置店舗は次の表のとおりです。

 

メディア端末

設置店舗

利用不可な時間帯

Famiポート

ファミリーマート

毎週月曜日2:30〜5:00

Loppi

ローソン、ミニストップ

不定期、公式でアナウンス

 

メディア端末を利用すれば、返済手数料が無料になるのでぜひ活用したいテクニックといえます。

 

ただし、メディア端末は返済のみ対応となっており、借入時には利用できない点に注意しておいてください。

 

セブン銀行ATMの利用なら幾つかのメリットがある

 

プロミスの提携コンビニ

 

数あるコンビニATMの中でも、特におすすめなのは「セブン銀行ATM」です。

 

全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されていて、目にする機会も多いでしょう。

 

セブン銀行ATMには他コンビニにはない特徴が2点挙げられます。

 

  • プロミスカードなしで利用可能
  • 1,000円単位で引き出しができる

 

それでは各特徴の詳細を見ていきましょう。

 

プロミスカードなしで利用可能

 

セブン銀行ATMは「スマホ取引」に対応しています。これはプロミスのスマホアプリ「アプリローン」をインストールしたスマホを使ってセブン銀行ATMから借入・返済ができる、というサービス。

 

これによりプロミスカードがなくても、スマホさえあれば取引ができるので重宝します。但しこのカードレス取引に対応しているのは現状ではセブン銀行ATMのみです。

 

プロミスカードを持ち歩きたくない方や、手元に財布がないときに借入したい場合などで活躍してくれるでしょう。

 

1,000円単位で引き出しができる

 

セブン銀行ATMは唯一「1,000円単位での借入」が可能となっています。そのため少額の借入をしたい時に便利!

 

他社コンビニATMの場合、10,000円単位となっているため、必要最低限だけ借入したいときはセブン銀行ATMを使うと良いでしょう。

 

プロミスのアプリローン詳細について詳しく

 

まとめ

 

今回はプロミスをコンビニATMから借り入れする方法や対応コンビニなどを紹介しました。

 

ポイントをおさらいしましょう。

 

  • プロミスカードがあればコンビニ各社のATMを利用できる
  • ほぼ24時間いつでも利用できるが利用手数料が発生するので注意(自社ATM、三井住友銀行ATMは無料)
  • セブン銀行ATMならスマホを使ったカードレス取引が可能

 

以上3点が本記事の要点となります。

 

「コンビニで便利に借りられたらいいのに…」
「プロミスはどのコンビニで使えるんだろう?」

 

といった方はこの記事を参考にして、最寄りのコンビニにあるATMを使ってプロミスをさらに便利に活用しましょう。



たった3項目の入力で借りられるかを即判断!

そして、審査の回答はたったの最短30分!!

アルバイト・主婦でもOK!!※安定収入がある方

ネット・コンビニATMからでもお金を引き出せる

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


公式サイトへ