プロミスの契約に必要な書類について

プロミスに限らず、消費者金融と融資の契約を結ぶときには、いくつかの書類を提出する必要があります。まず必要になるのが、身分証明書の写しなどの本人確認書類です。これには運転免許書や【健康保険証+1点(例:住民票)】、そしてパスポートなどの写しなどが必要になります。

これらの書類のコピーを郵送で提出するか、写真やスキャナーで取り入れた画像を、Eメールなどで送ることになります。

 

これらの書類を提出することで、はじめて融資の審査がはじまると考えて良いでしょう。

 

他に必要な書類は?

プロミスに審査を申し込むときは、基本的には、本人確認書類のみで大丈夫です。しかし50万円以上の融資を希望する際には、前年度の源泉徴収票などの、収入を証明する書類が別途必要になります。

 

外国人でも大丈夫?

外国籍の人が借入を申し込むには、在留カードか特別永住者証明書が必要になります。また日本語での読み書きなど、日本語で意思疎通ができることが条件になります。

 

本人確認書類がない場合は?

本人確認書類が用意できない場合は、プロミスにかぎらず、消費者金融からの借入はできません。しかし日本人であれば、基本的に【健康保険証+1点(例:住民票)】は持っているはずです。事情でこれらの書類のいずれも準備できない場合は、お金を借りることを考える前に、そちらの問題を解消する必要があります。



たった3項目の入力で借りられるかを即判断!

そして、審査の回答はたったの最短30分!!

アルバイト・主婦でもOK!!※安定収入がある方

ネット・コンビニATMからでもお金を引き出せる

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


公式サイトへ